■劇団コラソンとは?

今年10周年を迎える「劇団」と言いつつも、劇団ぽくないエンターテイメント集団。

主宰であり脚本、演出を務める植田朝日を中心にぶっ飛んだ作品を年に何度も乱発し、良い演技よりもお客さんを笑顔にする事にチカラを入れる!?

2007年8月13日、新宿FACEにて旗揚げ。プロレス会場をそのまま使った奇抜さもさることながら、脚本と演出に中津留章仁(TRASHMASTERS)、映像担当に鬼頭理三(TRICKシリーズなど)を起用するなど、1回目の公演から大きな話題となった。また出演者も役者だけでなく、スポーツ選手やミュージシャン、タレントと多ジャンルにわたる。近年の公演ではAKB48や乃木坂46やアイドリング!!!といったアイドルの出演も多い。

いわゆるサッカーのサポーターのような熱いファンがついており、来場者数はもちろん、物販がよく売れることでも有名。

2009年に演劇のメッカである下北沢に初進出を果たすと、2011年には味の素スタジアムで異例となる演劇公演を成功させる。2013年にはニッポン放送イマジンスタジオ、新宿タイニイアリス、下北沢駅前劇場でも公演を行っており、公演数は2017年9月現在で49回を数える。近年では発売する公演は完売することが多く「満員劇団」としても有名である。また、劇団の主要演目である『ユルネバ』を映画化した、主宰・植田朝日 初の映画監督作品にはプロサッカー選手・長友佑都が友情出演。東京国際フットボール映画祭 、ヨコハマ・フットボール映画祭 に出品され、 観客賞 審査員特別賞、観客賞と3冠を受賞した。